修了生からのメッセージ

博士課程修了

高口鉄平
高口鉄平 静岡大学・情報学部 准教授
私は、学部から大学院博士後期課程まで九州大学でお世話になりました(学部と修士課程のあいだで、まさかの「1年間の空白」があったのですが)。  経済学には多様な考え方があり、対立するものもあります(私自身入学してこのことに驚きました)。今となって強く思うの...[全体を見る]
高安雄一
高安雄一 大東文化大学・経済学部 教授
私は大学学部卒業後、経済企画庁(現内閣府)に入庁し、経済政策の企画立案、経済分析などに携わってきました。九大経済学府の博士後期課程に編入学したのは社会人になってから17年が過ぎた時でしたが、その数年前から博士号取得の必要性を痛感するようになっていました。一つ... [全体を見る]
後藤大策
後藤大策 広島大学大学院・国際協力研究科 准教授
現在私は、広島大学大学院国際協力研究科開発政策講座に所属し、日本人学生と開発途上国からの留学生(現職若手公務員)を同時に対象とした高度専門教育・研究活動を行っています。主な業務内容は、ティーチング(コースワーク科目「開発ミクロ経済学」と、専門科目「開発の制度...[全体を見る]
大内田康徳
大内田康徳 広島大学大学院・社会科学研究科 教授
私は1996年4月に修士課程に入学し,博士課程1年が終わった時点で北九州高専に専任講師として赴任しました。その後も,週2回ほど研究会に参加させて頂きながら,2001年4月に博士課程に社会人枠で再度入学し,2004年3月に博士号を取得いたしました。2005年1...[全体を見る]
日野道啓
日野道啓 鹿児島大学・法文学部 准教授
九大合格が私の人生の転機になりました。私は、短大在学中、猛勉強の末、編入試験に合格し、以来、九州大学経済学部・経済学府に約10年間の長期にわたってお世話になりました。  振り返れば、私は、勉強が元来苦手で、高校時代まではいわゆる落第生でした。偏差値は4...[全体を見る]
福山博文
福山博文 鹿児島大学・法文学部 准教授
私は1996年4月から2005年3月までの9年間を九州大学経済学部および経済学府で過ごしました。学部時代,公務員志望だった私が大学院進学を決めるきっかけとなったのは,学部3年から博士後期課程修了までの7年間,時に厳しく時に親身にご指導くださった細江守紀先生(...[全体を見る]
前田真一郎
前田真一郎 九州大学・経済学部 准教授
学部学生の時は、あまり勉強した記憶もなく、福岡にての生活が楽しかった思い出しかありませんでした。しかし、九州大学経済学府では、経済学の研究を通して学問の面白さに魅了されました。大学院では、一つの研究テーマについて、歴史的・体系的に分析を行っていきます。九州大...[全体を見る]

修士課程修了

井手義和
井手義和 三菱自動車工業株式会社
世界は想像よりも広くて深い、そう実感したのが九大の大学院です。専門は西洋経済史学で、研究テーマは中世初期イングランドの荘園制、かつては暗黒時代と呼ばれた停滞的なイメージのある時代です。近年の学界では、史料論という新しい研究手法が生まれ、少ないながらも市場の発...[全体を見る]
小栁真二
小栁真二 公益財団法人 九州経済調査協会
私は文学部で地理学を学んだ後、かねてより強い関心をもっていた経済地理学を専門的に学ぶために経済学府に進学しました。2年間という短い期間ながら、そこに身を置くことで得られたものは非常に大きなものです。  私が専攻した経済地理学とは、一言でいえば、経済活動...[全体を見る]
close