卒業生・修了生からのメッセージ

中川 彰子

中川 彰子さん

NAKAGAWA Akiko

九州大学 経済学部 卒業(2007年3月)

住友商事株式会社
欧州コーポレート部門(ロンドン)

「経済」に一切関わらずに生きていくことはできない、でも詳しいことはよく分からない。数ある文系学部から私が経済学部を志した理由です。では卒業した今は「経済」を隅々まで理解できているかというと、否です。学生生活で学んだ最も重要なことは経済そのものというよりも、突き詰めて考えるということ、思考の手助けとなる情報の探し方・使い方、意見の組み立て方だと感じています。

これらは主に3年次からのゼミ活動で学びました。ゼミの指導教員だった篠﨑先生は「世の中の森羅万象にsearchをかけ、researchして物事の本質を見極める力が学生にとっても社会人にとっても最も重要」と語ったその言葉通り、自分で思考し結論に辿りつく過程を重視し、多くを教えてくださいました。そんな先生の元に集ったメンバーの熱量は圧倒的で、互いに刺激を受け切磋琢磨できる環境で過ごした2年間は今でも私の宝物です。

私は卒業以来住友商事㈱で勤務していますが、当時の私にとって当社への入社は大きな決断でした。先生の「思いっきり走れるところで頑張ってごらん。まだまだ知らないことはたくさんあるはず」との言葉に背中を押され、飛び込んで約10年、2017年6月から私は人事担当としてロンドンで勤務しています。欧州をはじめ、中東、アフリカ、CIS地域で働く住友商事グループの方々が業務に専念して業績を上げ、社会にプラスのインパクトを与えられるように私にできることは何か、これを突き詰め、実行していくことが私のミッションです。

簡単に結論を出そうとしていないか?引用している情報は確かなものか?先生の問いかけは仕事にも通じます。思考の礎をつくってくれた学生生活に感謝して、これからも頑張っていきたいと思います。

close