English     E-Mail
経済学研究院
九州大学
 
 
トップ > 教職員 > 総合案内 > 重点研究
重点研究
 
本研究院では、大型外部研究資金の獲得及び質の高い個別研究の促進を目的に、平成16年度より戦略的研究経費を設けています。戦略的研究経費は、現在、(1) 重点研究プロジェクト(大型研究推進の助成)、(2) 重点個別研究(教員個人の特色のある研究プロジェクトの助成)の2種類からなっています。
 
 
重点研究プロジェクト
 
平成20年度(2件)
 
金融構造変化のミクロ分析
経済構造の変化と流動性に関する計量分析
 
平成19年度(3件)
 
格差・高齢社会への挑戦
アジア諸国の工業化に伴う社会経済問題に関する比較研究
センサス統計体系の改編に関する総合的実証研究
 
 
重点個別研究
 
平成20年度(5件)
 
市場化テストを活用した公共サービス供給に関する理論的研究
ファイナンスの研究法を用いたCSRの実証分析
企業間の知識マネジメント::自動車エレクトロニクス技術の開発協業
家計の消費動向と税制改革の再分配効果に関する実証分析
日本企業の国際財務報告基準(IFRS)適用とコスト・ベネフィットに関する調査・研究
 
平成19年度(3件)
 
時系列解析による合理的バブルの検証
電子マネーの普及が貨幣・日本銀行券の需要に及ぼす影響の計量経済学的手法による測定、
および公的な小額決済サービスの今後のあるべき供給形態に関する研究
九州地域における外国人労働の実態に関する実地調査研究
-特に外国人研修生・技能実習生に着目した地域比較分析
 
 
 
 
 
ホーム  |  受験生  |  在学生  |  大学院  |  ビジネス・スクール(QBS)  |  卒業・修了生  |  教職員  |  サイトマップ  |  RSS

Copyright 2003-2008 Faculty of Economics Kyushu University
QRコード