葉 聰明ゼミナール

担当教員
葉 聰明

経済学研究院 経済工学部門 政策分析講座

研究テーマ
  • 企業合併買収(M&A)や買収防衛策
  • 企業統治や株主アクティズム
  • 金融リタラシーと意思決定の関係

本年度(2019年)は,企業価値に関連する企業行動と戦略について「行動経済学」のアプローチで分析する教科書を輪読の形式で勉強する予定です。人間が理性的であるという前提に基づく伝統的なアプローチと異なり,人間が理性的ではない場合,それが経営者の意思決定にどのように影響し,どのような結果(企業価値や株価など)をもたらすのか,行動経済学・行動ファイナンスの分野において過去30年間の研究で明らかになった成果を体系的に勉強します。
具体的なトピックは,(1)企業価値の評価方法;(2)市場効率;(3)投資理論;(4)資金調達理論;(5)経営トップの報酬制度;(6)M&A(企業合併買収),(7)集団意思決定プロセスなどが予定されている。

ファイル
関連サイト
葉 聰明ゼミの更新情報
タイトル 公開日
ドロワー4のコンテンツ